Unknown@Presence

色々あれこれ。

その13 知ったかぶり

 白河夜船、ってどういう意味だっけ。
 ググろうとして、やめた。たまには辞書でも引いてみるか。けど、どこ行ったっけ。
 引き出しの中なのに、埃かぶってる。確か、PCのおまけについてたやつだ。箱に入ってて、字も大きくて見やすい。あ、そうだ、広告ついてないんだ。
 しらかわよふね。爆睡してて何が起きたか分からない、あるいは知ったかぶりをすること。
 あ、そういえば昔、親父が「白河夜船で切り抜けるのさ」ってよく言ってたな。子供のオレは「白川呼ぶね」だと思っていた。いざ危なくなったら「白川呼ぶぞ!」って脅かせばいいんだ、って。
 オレは親父には全く似ていなくて、親父が得意なものにオレは興味が持てなかったし、オレが好きなものを親父は理解しようとしなかった。
 そして、ありがちだけれど、オレが息子として親父に理解されたがっているのだ、と思い込んでいて、普通にいろいろと面倒だった。
 でも、もう面倒はない。親父が他界して、今日で四年になる。
「なんだか、いないほうがいいね。いいことばっかり思い出すから」母が言う。そうかも知れないな。
 知ったかぶりと言えば、最近オレはちょっと知ったか野郎かも。スキミング、もちろんオレはしたことはない。どうすればできるか、雑誌を読んだりして何となく分かるだけだ。
 クレジットカードやキャッシュカードの読み取り機械の中に仕込まれているカードリーダーが口座番号や暗証番号を盗むのが主流だけど、小さなカメラが入力される暗証番号を撮影して盗む、っていうのもある。カードのデータは前もってスキャンしておくので、カードは被害者の手許に残る。だから、盗まれたとは思わない。
「この頃は一つの口座から大量に盗むんじゃなくて、手数料を装って少しずつ盗むらしいね。そうすると誰も気づかないから」武田さんも気になってるじゃないか。
 でも、蒼井君の言う通り、オレレベルのやつに勘づかれるようじゃ素人だろう。だがしかし。素人だからこそ大胆なことをするのかも知れない。
「実際のソーシャルって、新入社員のふりして聞き出すんだって」でもその手は大きい会社でないと使えないよね。「俺、わりと小さい会社好きでしたよ。Webサイトの再構築で一ヵ月だけいたんですけど、新年会とか呼んで貰えて」へー。「レアものの酵母とかを輸入代行してる会社でね。生き物だから死んじゃだめだけど増え過ぎてもだめなんだって」じゃあ半殺し? って言ったのは武田さん。
「冷凍で眠らせてるらしいっすよ」起きなかったらどうすんの。「なんかね、保険があって、60パーセント以上死んじゃったら保険金出るんだそうですよ」「生命保険なのね」「じゃあ起こしといて増やせばいいんじゃないの」「それがね、三回以上分裂した酵母は、価値が三分の一になるんですって」へー。
「私は外資が好きだったけどね。広々してて」「体大きいからですか、外人て」「ううん、外資ったってほとんど日本人」「でも、英語でしょ」「うん。筆談だけど」筆談?
「だって、ヘルプデスクだからさ、言葉で説明するの難しいもん。こういうアラート出たらこういう操作して下さい、って画像張り付けるの」「それって、メールでしょ」「メールって筆談でしょうが」「た、武田さんて、昭和ー」「なにさ、メールって究極のとこ電子筆談じゃないよ」
 確かに。でもどっちかって言えばチャットのほうが筆談ぽいけど。
 考えてみれば、ヘルプデスクなんていうのも昔はなかった仕事だ。
「フロッピーの前はカセットにデータ入れてたもんね」「カセット、って何ですか」うへえ、最近のヤングはカセットも知らないのか。
 パーテーションをとっぱらったので、昼飯時には蒼井君のマイ電気ポットでお湯を湧かしてもらう。武田さんは漬物を作るのがすごく巧い。キャベツの酢漬けとか、胡瓜の醤油漬けとか、プチトマトのピクルスとか。
「こんなに料理巧いのになんで結婚してないの、とかいうのは、なしだからね」武田さんは自分のために自分の好きなものを作るのが好き、なのだそうだ。
「子供向きの料理なんか作ろうとも思わない」まあ、こういう漬物はお酒に合いそうだね。
「なんだかんだで、あと一ヵ月だね」「うん。延長ってなさそうだしね」「うーん、されても困る。次が決まってるから」「え、どんなんですか」「短期でね、友達の友達の会社の経理」「え、なんか武田さんのイメージじゃない」「どういう意味よー」
 最終日には打ち上げでもしようか。駅前の居酒屋で割り引きチケット配ってたな。今日も配ってるだろうか。